貴方の価値と未来を創造するヒューマンライズスクール「未来日記」
ぶきっちょトレーナーTOSHI☆のブログ
  • HOME »
  • ぶきっちょトレーナーTOSHI☆のブログ »
  • 楽書

楽書

ぶきっちょトレーナーTOSHIの「楽書」NO38

NO38「泉」 まるい穴から水のわき出るさまを描いています。 また、狭い穴から、湧き出る水の源としての意味を持ちます。 私たちには、それぞれが持っている清らかな水があります。 自信が無い・・・とか、不安・・・とか、感じる …

ぶきっちょトレーナーTOSHIの「楽書」NO37

木の上に繭のかかったさまを描いたもので、山まゆが、繭をつくる櫟レキ(くぬぎ)のこと。 そのガクの音を借りて、謔ギャク(おかしくしゃべる)嗷ゴウ(のびのびとうそぶく)などの語の仲間に当てたのが音楽の楽。 音楽でたのしむとい …

ぶきっちょトレーナーTOSHIの「楽書」  

No36『直』 原字は「上におまじないの印―(まっすぐ)と目」で、 まっすぐ目を向けることを表しています。 そして、「まっすぐ見つめる」、「まっすぐである」 と云う意味を持ちます。 長所・短所という見方も、 もしかしたら …

ぶきっちょトレーナーの「楽書」

NO35『咲』 「えみ」の古字で「さく」は、日本のみで使われる意味です。 「口」の象形と「髪を長くした若い巫女」を表し 「わらう」、「花が咲く」という意味を持ちます。   「鳥が鳴き花が笑う」 もうじき春の訪れ …

PAGETOP