貴方の価値と未来を創造するヒューマンライズスクール「未来日記」

TAとは?

TAとは?

TAとは

TAとは、TransactionalAnalysisの略号です。

日本では、交流分析として1972年に九州大学心療内科の池見酉次郎先生によって紹介された、科学的根拠に基づく臨床心理学の1つで「守られるもの(メンバー)から守るもの(リーダー)へ」と、自己成長していくためのツールの1つです。

TAの歴史

TAは、精神分析の創始者として有名なフロイトの流れをくむアメリカの精神分析医、エリック・バーン博士(1910-70)によって創始された人間行動に関するひとつのまとまった理論で、集団心理療法を目的として1957年に世に出ました。

現在では、病気の治療の場だけでなく、人と人とが交流する場、ふれあう場(夫婦・家族・職場・学校等)で、人間関係の改善や効果的なリーダーシップの発揮を目的として、多くの方に知られています。

とくに家庭での親子関係、子育ての仕方が後のその人の人生にどう影響するかが分かりやすく表現れています。

また、また夫婦の対話をより親密にし、幸せな家庭づくりの指針にもなっています。

そして、職場においては、コミュニケーションをよくし、生産的なリーダーシップの発揮に大きな影響を与えています。

TAで学ぶ事

TAは自分自身を理解する手がかりとなります。

  1. 自分が他人とどのようにかかわっているかを分析します。
  2. 自分が今歩んでいる人生がどんなもので、それが一体何によって決められたかを見直します。
  3. 自分が今までに無意識にやってきた行動、考え方、感じ方のもとになっている要因を探します。

固く言えば、自我状態を

  1. 行動的要素
  2. 社会・交流的要素
  3. 歴史的要素
  4. 現象的要素

として、科学的に分析して、望ましくない生き方の根本となっている事と原因を分析します。

そして、

「自分自身が本来もっている能力に気づき、その能力の発揮を妨げているいろいろな要因をとり除いて、本当の自分の能力の可能性を実現して生きること」

と、エリック・バーン博士は述べています。

TAを学び身につけて自律(自立)した本来の生き方をする。

TAは、学問として頭の中で理解するものではありません。

自分自身が、幼いころに身につけた(幼児決断)「クセや習慣」を見直して、豊かに生きてゆくためのものです。

自律とは、

  1. 行動的自律(自立)
  2. 経済的自立(自律)
  3. 精神的自律(自立)

です。

TAを学んで気づく事

  1. 自分が源であること
  2. うまくゆかないときに他人や環境のせいにしない
  3. 他人を変えようとしたり、操作をしない
  4. 自分の思考・感情・行動に責任をもつ
  5. 過去を後悔せず「今、ここ」を精一杯生きる
  6. 代償を求めずに生きる

トマス・ゴードンは自律性ある人間は、自分の内部に自己を指示する力をもち、自主的に責任ある行動ができると述べています。

TAを学ぶ上での注意点

交流分析は,多くの人が効果的に活用できる自己分析法として開発されたもので,その内容はとてもわかり易いものです。

しかし、わかりやすく使いやすいが故勘違いしてしまうことがあります。

それは、他人の分析・評価のツールとして使用し、自分以外の人をジャッジメントしてしまう事です。

交流分析は、自分自身を生かしながら、なおかつ人格的な成長を促していくことがその本来のありかたです。

このことをシッカリと心において、学び、身につけ実行した時、TAは、日常生活で、社会生活で、家庭生活で、子供とのコミニュケーション、夫婦間のコミニュケーション、等々、様々な場所で有効な成果をもたらし「人生を豊かなもの」としてくれるでしょう。

疑問・質問 等はこちらまで TEL 090-2059-0216

PAGETOP